SUNSEAL SANO 有限会社 サンシールさの
太陽光発電

太陽の力でCO2削減・地球温暖化防止!
サンシールさの店舗の屋根には900枚のモジュールが設置しており、太陽の力で発電をしています。

当店は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO」の共同研究者に指定されています。
http://www.nedo.go.jp/

太陽光発電とは
 「太陽光発電」とは、太陽の光エネルギーを交流電力に変換するシステムです。太陽光発電システムを設置すると、電源は太陽電池と電力会社から購入する2種類になります。太陽光発電システムで発電された電気を優先的に使用し、無駄なく運用します。
また、余った電気は全て電力会社が買い取ってくれます。
発電量がわかるモニター板を設置しています
発電量がわかるモニター板を設置しています

なぜ今太陽光発電なのか
奥に見えるのが乙島です
奥に見えるのが乙島です
 私達が現在使用している石油や化石燃料は、大気中に二酸化炭素などの温室効果ガスを増加させ、地球温暖化をはじめ、さまざまな環境問題を引き起こしています。
最近では、異常気象による高温、多雨、ハリケーンや津波などの災害が多発しています。まさに、私達の目の前で地球のメカニズムが崩れ始めようとしています。このまま温室効果ガスが増え続ける事で、地球の平均気温は100年の間に1.4℃〜5.8℃上昇、海面水位は9〜88cm上昇が予測され、洪水、干ばつ、熱波等の異常気象が発生します。
そして、地球上に二酸化炭素が増え続ければ人間はじめ全ての生物は生きてゆけなくなります。また、人類が全面的に頼ってきた地下資源も残りわずか。石油は約40年、天然ガスは約60年で枯渇するといわれています。かけがえのない地球を後世へ残して行くためにも環境に優しく、地下資源に頼らず、自然の恵みから生み出される太陽光エネルギーへの移行が迫られているのです。